既卒就職

既卒で就活することになって人生詰んだ。。は、本当なのか!? ~企業応募編~

皆さんこんばんは!✨
最長12時間相談に乗った思いやりコーチの影山です!

今日は、既卒の就活することになって人生詰んだ。。は、本当なのか!?」の第5弾✨

「企業応募編」について、お話ししていきたいと思います!

 

なぜ既卒だと、書類すら通らないと感じてしまうのか?

ブランクがある=無能  と企業から評価されてしまうから、どうせ受からない。と思い込んでしまう。

既卒学生さんの就活相談に乗ってる中、本当によくある事例として、

自分だけ決まっていないという状況におかれたことで、

自分は周りの人よりも劣っている人なんだ、ダメな人なんだ。。

そう自分で思い込んでしまっている学生さんが本当に多いです。

僕と面談しているときでも、zoom越しに自信のなさが伝わってきます。

就活が上手くいかなかったから人生終了、なんてことは絶対にないのですが、

人生が終わった、かのような表情をされていることが多くて

本当に胸が痛みます。。

実際に既卒学生さんと面談をしていた中で、中々1次面接を突破できずに、

「自分は無能だから在学中内定が取れなかった」

そう言っていた学生さんがいました。

そうして自分を責め続けてしまうことで、今度は勝手に自分がネガティブなことをイメージして

「ブランクがあるから、書類を出しても無能認定されるからどうせ受からない。」

と思い込んでしまっているようでした。

このように、自分で自分を責めてしまうことで、どんどん負のスパイラルに入って、足が止まってしまうのです。

そして、面接でも自信が無く見えるのでうまく話せなかったりどもってしまうという悪循環に陥ってしまいます。

自分は無能だから、という思い込みから、長所や自己PRが出てこないから、書類が書けない。

長期にわたって自分を責め続けると、自分の心の状態や、脳の状態にも影響が出てきます。

特に、脳の短期記憶をつかさどる海馬は、ストレスに非常に弱いです。

じわじわ続くストレスで脳が傷つく

僕自身も、新入社員で入社した鉄道会社の新人の頃は、上司から怒られ続けた結果、5分前に上司から指示されたことが

全く記憶できないような状態になりました。

そして、半期ごとにあるやってきた実績についても、

悪い所ばかり見えてくるため、全く書けませんでした。

このように自分を責め続けると自分の長所や頑張ってきたことが出てこなくなってきます。

ポジティブな部分に目が向けられなくなってくるということです。

だから、応募しようと思っても自己PRや、学生時代に頑張ってきたことがほとんど書けず、

締め切りが近くなっても書き終わらなかったり、

変な文章になってしまうことで、

書類で落とされてしまうということになります。

既卒でも面接まで進めます!

応募している企業数は十分か?

既卒学生さんと面談しているときに、在学中どのくらい応募していたかヒアリングしたことがありました。

すると、どうしても1社1社に集中してしまうという性格で、

1年間で受けた企業数が10社に満たないということがわかりました。

確かに、良いものを提出するのも大事ですが、結局どんなにいいものを出したところで、

自分よりもさらに優秀な人がタイミングよく同時期に応募していたらどんなにいいものを書いても通らないです。

僕自身も2010年のリーマンショック明けの就職超氷河期の時に就活をしていましたが、

その時大体2,30社くらい応募して、面接に進んだのも7,8社程度だったと思います。

だから、そもそも応募している数が少ないと、面接に進む会社の数も少なくなるので、内定が遠くようになってきます。

わかりやすい文章になっているか?

提出する文章は、是非身近に就活をしている人や、社会人の方がいたら内容を見てもらいましょう!

書類が通るようにするポイントは、以下が挙げられます。

・書いてある内容を専門外の人にもわかりやすく書く

以前、「簡単な単語で書こうとすると頭が悪く見えるから敢えて難しい単語で書く」

という学生さんがいましたが、そもそも読んでもらえなかったら面接にすら進めません。

それに、企業側も沢山の人を見ているので、いちいち一人一人に時間をかけていられないです。

是非、わかりやすい文章を心掛けましょう!

・書いてある文章に矛盾がある。

超極端な例を書きますが、

例えば、留学しようと思ったきっかけとかを書こうと思った時、

「私は日本が好きで、いつか日本中の街を盛り上げていきたいと考えています。だから私はアメリカに本社のある御社を志望します」

だと、全く意味が分からない文章だと思います。

何故日本が好きなのに海外に行こうと思うのか。

という疑問が湧いてくると思います。

ですが、

「私は日本が好きで、いつか日本中の街を盛り上げていきたいと考えています。だからわずか数百年の歴史で、世界をけん引する国となったアメリカに留学し、

アメリカがここまで発展した理由を勉強して、そこで学んだことを日本に持ち帰って日本の発展に寄与していきたいと考えています。」

ではどうでしょうか。

日本が好きなのに海外に行こうと思う理由が良くわかるのではないでしょうか?

こういった読み手が疑問を持つようなことは極力少なくすることを心掛けましょう!

内定は質より量!応募し続けよう!

少ない応募数でも内定を取れる人も勿論いますが、内定を早めに決めている人はそれだけ応募数も多いです。

そして応募する回数が多ければ多いほど、文章が洗練されてきますし、面接も場数を踏むことでだんだんうまくなってきます!

是非、沢山応募していきましょう!!

これからも自分の人生をより良いものにしていきたい皆さんの
為になるような情報を伝えていきます!😊✨

就活生の方や、人生に悩んでいる既卒学生さん、転職したいと考えて居る社会人の方、
今の人生をもっと充実させたい!と思っている方は是非LINE公式アカウントを登録してみて下さい♪

▼LINE公式アカウント

-既卒就職

© 2021 遊ぶように働ける!働楽(はたらく)コーチング 影山雄基 Powered by AFFINGER5